LOVE SYRIA
記憶の中のシリアの写真
けんか
ダマスカスの街を歩いているときに見かけたけんか。やじにまじって紫の着ぐるみのテレタビーズも見ている。

シリアではたまに街中で大声で男性同士がけんかをする。運転のやりとりのことが多く、車から降りてお互いの言い分を大声で主張する。するとヤジが集まり、じきに仲裁役がその中から現われなんとなく収まる。

このときは大人がこどもにつかみかかっていた。映画館の前だったので映画代をめぐるトラブルかと思い、写真をとったら近くの男性からやめるよういさめられた。
(دمشق)

けんか
スポンサーサイト
ジオメトリー
ダマスカスの郊外、シーア派が多く住むサイダゼイナブのモスク。後ろの門扉の幾何学模様はよく見る六角形のまわりに花弁のようなものが広がるデザイン。

同じ模様が延々と続く緻密なそのデザインは、永遠と調和を表しているようで、敬意と畏怖を覚える。
(السيدة زينب)

サイダゼイナブのモスク正面


マリには何もない
シリア東部にあるシュメール国の遺跡のマリが見たくていってみたものの、あるものは掘り起こされた地面のみでした。
もとに何があったかを想像する楽しみくらいはありました。

そういえば現地のおじいさんから掘り起こされたものだと像を買いましたが、あれは偽物です。
だってそのとき持っていた日本製の歯磨き粉と交換したんだもん。
(ألحريري تل)

マリ全景

マリはフランスが委任統治時代に主導で発掘したため、フランス語が併記されています。

マリ看板


あたまのみ
女性のマネキンその3。
ここまでくると怖いというよりおもしろくないですか?
(دمشق)

マネキン3

ジューシー
シリアの街中にはジューススタンドが至る所にある。日本でも駅構内などで近頃よく見るが、シリアはもっと気軽に飲める。日本のドラッグストアくらいの頻度で見る。

ジュースはアシールعصير。主なものだとマウズموز(バナナ)、ブルトゥカールبرتقال(オレンジ)、ツファーハتفاح(リンゴ)、ライムーンليمون(レモン)、バッティーフبطيخ、(スイカ)など。

最安なものだとタマルヒンディーتمر هنديというタマリンドジュースもある。

気軽に飲めて美味しいのはオレンジ。暑いときはのどを潤してくれる。
絶品なのはバナナにミルクを入れたもの。ペットボトルに入れてもらい、家にもって帰って冷蔵庫に入れちびちび飲むのです。

写真の看板は「シリアのフルーツ」って書いてます。شامシャームはシリア地域の旧名。
(سوق ألحميدية، دمشق)

ジューススタンド